2017年08月26日

電動ガン 89式用ピストン幹 バッテリー収納法

当店で発売する89式用削り出しピストン幹を取り付けると基本的にはバッテリーが入りません。


本来バッテリーのスペースにピストン幹があるわけですから当然と言えば当然です。

ですので対応するバッテリーとその組み込みに必要な加工を説明させていただきます。

ピストン幹はこのように


フレームにかぶせるように取り付けます。

また写真のようにヒューズはミニにしておく必要があります。


被筒はいわゆるヒートシールド的な部分とグリップの部分が分解できます。ねじと接着剤でついているのでネジを外し接着剤はゆっくり引きはがすことで「パキッ」っと外れます。ただ力を入れる場所を間違うと折れてしまうので注意が必要です。



分解した被筒です。
この部分はごっそり削りとってしまいます。


これでこの部分にバッテリーが収納できるようになります。


対応バッテリーはこちら。極薄が2セル、7.4Vのタイプになります。


バッテリーセットでの販売予定です。

またピストン幹も2種、黒塗装とシルバーと発売します。

シルバーの方が存在感はありますね。
アルミ削り出しです。

職人さん曰く結構な精度での仕事をしてくれたそうです。才能の無駄使い的な…(笑)






Posted by なんばんどう  at 23:12 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。